ETCカードの選び方

ETCカード選び方?本当にお得なのはどれ?【満足度で選ぶならどれ?】

ETCカードの種類には、現状3つのタイプが存在しています。当サイトでは普通にETCカードという言葉を使用していますが、ETCカードはクレジット機能を付随したETC専用カードという認識が一般化しています。逆に言うとクレジット機能を持っていないETCカードも存在するのです。

じっくりと各ETCカードが持っているメリット・デメリットを見分けていきましょう。

①ETCカード業界内でもETCカード=クレジット機能を持ったカード、という認識を持たれています。そのため、現在では各クレジットカード会社が発行するETC機能を持ったカードの事を、ETCカードと呼称しています。しかし同じETCカードでも、クレジット機能をOFFにしているカードもあり、混同されてしまいがち。 JCB、VISA、MASTER CARDといった表記が見分けるポイントになってはいますが、一見しただけでは分かりにくくなっているケースもあります。

しかしクレジット審査に不安を感じている人にとっては、純粋にETC機能だけを持ったカードが欲しいという場合もあります。そうしたニーズに対応し、ETC機能のみを持たせたカードも発行されています。またクレジット機能枠を引き下げ、審査内容を緩やかに設定しているETCカードも存在します。

②ETCパーソナルカードすっかり影を潜める存在となってしまったETCパーソナルカード。日本では馴染みの薄い保証金(デジポット)を採用した、高速道路会社が発行するETCカードになります。このデジポットが曲者で、計算方法が非常に複雑。どう見ても一般的には分かりにくいシステムな上に、ETC機能しか持っていないという最大のデメリットを持ち合わせています。

簡単に説明をすると、月額の利用する料金と、年間で利用する料金で保証金額を算出し、信用を得るために担保として現金を預ける必要があるETCシステムになります。 (保証金は解約時に返納されます) この金額計算式が非常に不親切で、さらに4万円、6万円といった保証金の数字が簡単に出てくるのも敬遠されている一つの理由。

③ETCコーポレートカードこちらは法人用としてかなりおすすめで、大幅な割引を受けるができるETC専用カードになります。基本的なシステムは②のETCパーソナルカードと同様。 ②とは違う高速道路会社(東・中・西)が発行しており、毎日何度も高速道路を利用する人にとってはかなり恩恵の大きいETCカードになります。
個人で所有する事も可能ではありますが、保証金が最低10万円以上必要など、かなり敷居が高くなっています。

今、選ばれているのは?

楽天カード

年会費 無料
ETCカード 525円(※楽天利用で無料に)

・ポイント還元率が常に1%以上
・カード年会費無料
・楽天のプラチナ会員以上になればETC年会費も無料。

※楽天プラチナ会員は過去6ヶ月で2,000ポイント以上、かつ15回以上ポイントを獲得という条件。クレジットカードのポイント獲得や利用も回数分カウントされるので無理せず達成可能です。

楽天カード公式へ