はじめてのETC

ETCとは?割引で料金がお得、利用明細も【ノンストップで料金所を通過】

ETCという言葉を頻繁に聞くようになり、ETCカード使用促進の動きも活発になってきましたが、ETCカードとは一体どんなものなのでしょうか?

何か特別な知識などが必要に感じるかもしれませんが、実は非常にカンタンで、高速道路など料金所専用のクレジットカードみたいなものです。

今までは、高速道路などの料金を支払う場合は、通行権と金額を担当者にわたして通っていましたが、ETCカードがあると料金所を通るだけで、自動的に支払いをすることができ、高速道路の渋滞緩和に大きな効果があります。

実際、ETCカードを使った場合と通常通りに料金を払うことを比べてみると、なんと3~4倍も通過できる車の台数に差が生じているとのことです。

また、渋滞での待ち時間が短くなる効果も期待できますから、旅行などをするときには渋滞での大幅なタイムロスが無くなり計画的に楽しい旅行を出来るメリットもあります。

さらに、渋滞緩和により排気ガスによる環境汚染や地球温暖化の防止にも効果があります。

ETCカードとはどんなカードなのか?

名前は知っているものの、どういった仕組みで、どういった利点があるのかよく分からない。そういった方も多いETCカードですが、調べれば調べる程、持っていないと損なだけのカードだという事が分かってきます。 ETCカードの基本的な機能だけではなく、どのように生活が変わっていくのか。そしてユーザーにとってどれだけ大きな恩恵があるのか。ここをしっかりと把握していきましょう。

まずETCとは、Electronic Toll Collection Systemの略語になります。日本語で言うと電子料金収受システム。電子料金収受システムとは「電子(通信)で料金のやり取りをするシステム」になります。 ETCのシステムだけを見た場合、料金所をノンストップで通過できるカードだということ。

歴史は古く、1989年にイタリアでベースとなるサービスがスタート。日本では1997年に業務用車両のみで試験的サービスを開始。日本固有のサービスと思われがちなETCですが、実は世界規模で行われている極一般的なサービス形態の一つになります。

どちらかというと日本は後進国で、アメリカでは高速道路以外に船舶や航空機でも頻繁に利用されており、あらゆる国がショッピングでのフリーな利用を目指しており、さらに開発・改良が加えられています。

まだまだ日本国内におけるETCカードにおけるメリットというのは、海外と比較をしてしまうと、どうしても劇的な恩恵とは言い難い状況です。しかし持っている・持っていないの差は既に歴然としており、有料道路を使用する以上は、必ず持っておきたいカードの一つとなっています。

そして今現在でも、ETCカードにおける利用者の恩恵は拡大の一途を辿っています。現状、国内におけるシステムを担当している国や企業が実施しているサービスよりも、各カード発行会社が付随している恩恵の方が目立つ仕組みになっているのも日本独特。このサービス内容が海外の場合は少なく、日本では大きな魅力となっているのもETCの面白い部分と言えるでしょう。

例えばガソリン代が安くなったり、通常のクレジットカードよりも付与ポイントが大きかったりと、他にも持っているだけでお得感を得られるサービスが目白押しとなっています。具体的にどういったメリットをそのETCカードが持っているのかは、申し込みをした会社によってガラリと変わってきます。全てのサービス内容を把握するのは困難な程、大きく普及しているETCカードですが、多くの人が選定基準にしている部分は明確なので、この辺りを後ほどじっくりとご紹介していきたいと思います。

今、選ばれているのは?

楽天カード

年会費 無料
ETCカード 525円(※楽天利用で無料に)

・ポイント還元率が常に1%以上
・カード年会費無料
・楽天のプラチナ会員以上になればETC年会費も無料。

※楽天プラチナ会員は過去6ヶ月で2,000ポイント以上、かつ15回以上ポイントを獲得という条件。クレジットカードのポイント獲得や利用も回数分カウントされるので無理せず達成可能です。

楽天カード公式へ