ETCカード割引

ETCマイレージサービス?高速道路の割引に登録【最大16%ポイント還元】

飛行機などの利用をすることでマイレージポイントをためることができますが、このマイレージサービスはETCにも存在しています。

ETCマイレージサービスは、ETCを利用した通行料の支払い金額によってETCマイレージポイントが加算され、マイレージポイントが溜まるとポイントを無料走行料金として還元し、ETCで使用することが出来るようになります。

ポイントは利用月の毎月20日に加算されていきますが、ポイントは最大2年間という有効期限があります。ETCマイレージサービスのポイントの溜まり方ですが、一般有料道路で100円使うと1ポイント、高速道路では50円で1ポイントとなっています。

ETCのマイレージは100ポイントから還元できるようになっており、100ポイントで200円分の使用となっていますので通勤などで高速道路を使う人であれば、ポイントも早く溜まりお得に高速道路の利用が出来るでしょう。

ポイントの還元は自動的に行われていきますので、特別な手続きをする必要もありませんので、手間いらずで利用することが出来るのも嬉しいですね。

ETCマイレージサービスの利用手順

ETCカードを手元に用意して、ETC車載器を取り付けていつでも使える状態になっていれば申し込みが可能です。

インターネットで申し込む場合は、車載器管理番号、車両番号、ETCカード番号などを記入して送信します。

郵送の場合は、ETCをセットアップしたお店などで用紙をもらって記入してください。

登録が完了すると、IDとパスワードが郵送されてきます。これで、ETCマイレージサービスでポイントが貯まるようになります。

etcカードのマイレージ?

ETCカードの割引も魅力的ですが、地味にどんどん貯まっていく便利なシステムがマイレージになります。空の便だとなかなか貯まらないマイレージですが、毎日高速道路を利用している人にとっては、本当に軽視できないマイレージポイントサービス。

ETCカードがあって初めて利用できるサービスではありますが、誰でもすぐに利用できるというメリットがありますので、しっかりと使い切っていきましょう。

まずETCカードのマイレージは、ETCマイレージサービスに加入する必要があります。申し込みはこちらから。

http://www.smile-etc.jp/

マイレージが貯まる仕組みはシンプルに出来ており、50円に付き1ポイントが付与されています。端数は切り捨てで、1回の利用単位毎で計算されていきます。なので一日に3,050円を利用して61ポイントという訳にはいきません。 1区間1,525円を2回であれば、30ポイント+30ポイントの合計60ポイントが付与される事になります。

上記のケースは高速国道を利用した場合で、一般的な有料道路の場合には100円に付き1ポイントで計算されていきます。 100円以下の端数は切り捨てになるので、高速国道を利用しない人には、やや貯まり難いシステムと言えるでしょう。

しかし一度申し込みをしておけば、オートで加算されていくのがマイレージサービスの素晴らしいところ。面倒な手続きは申し込みをした時だけで、後は貯まったマイレージを使っていくだけ。

使用する際には以下の料金換算が行われます。 100ポイント=200円 200ポイント=500円 600ポイント=2500円 1,000ポイント=8,000円
まとめて使った方が断然お得なので、ついつい貯めてしまいがちなのですが、8,000円分の高速道路料金を支払うケースが少ないという人も多いので、600ポイント毎に使用していくのがおすすめ。

ちなみにポイントを使用する際には、高速道路割引料金適用後の実質負担額に、このマイレージポイントが付与され、使用する際にも実質負担額に適用されます。元の金額は関係ないということですね。
一応、日本全国の高速道路各社で、足並みを揃え
ようと必死にはなっているのですが、現状、各社によってポイント付与、還元基準が異なっているのがかなりのネック。関西と広島地方の方は特に注意が必要なので、使用している高速道路が何処に属するのか。入念に調べた上で利用していく必要があります。

今、選ばれているのは?

楽天カード

年会費 無料
ETCカード 525円(※楽天利用で無料に)

・ポイント還元率が常に1%以上
・カード年会費無料
・楽天のプラチナ会員以上になればETC年会費も無料。

※楽天プラチナ会員は過去6ヶ月で2,000ポイント以上、かつ15回以上ポイントを獲得という条件。クレジットカードのポイント獲得や利用も回数分カウントされるので無理せず達成可能です。

楽天カード公式へ