ETCカード一覧

NTTグループカード?web明細で年会費無料【キャンペーン&特典満載】

メリットが豊富・選べる割引コース

1,000円以上出光のスタンドで使えば、2円以上割引に。2万円以上給油する方は4円引き、3万円以上なら6円引きで、最大リッター40円引きに!そのほかにも、ポイントプレゼントコースとおまとめキャッシングバックの二つのコースを選んで割引も受けられます。

年会費無料で、サービスがたくさんあるお得カードです。 ただし、ETCカードの年会費が525円必要になります。お手軽さを重視する方はご注意ください。

NTTグループの料金割引だけでなくガソリン割引も利用できます。

NTTグループカード公式へ

etcカードとしてのNTTグループカードはどう?

NTTグループカードもETCカードを発行しています。電話会社というイメージが強いので、どうしても見落としてしまいがちなクレジットカード会社なのですが、JCBドライバーズプラスカードと同じく、キャッシュバックシステムを採用しているのが大きな特徴。

JCBドライバーズプラスカードほど割引率は大きくないものの、電話料金やNTT docomoの料金に対して、キャッシュバックを受ける事が可能になっていますので、通話料金で毎月高い請求が来ているという人には、要注目なETCカードです。

NTTグループカードのキャッシングバックとは? ①利用金額2万円単位で1.5%の還元率が発生。 ②NTTグループ内で利用した金額上限15,000円まで、毎月①の還元率が適用。

例 4万円分、ショッピングでクレジットカードを利用。発生する還元率は3%。ドコモの利用料金をNTTグループカードで支払い中。今月の利用料金は10,000円。 10,000円×3%=300円のキャッシュバック(値引き)が発生。

NTTグループ対象の支払い先・NTT東日本・NTT西日本・NTTコミュニケーション・OCN ・NTTドコモ・ワクワク・プララ・ひかりTV ・@ニフティー・ビッグローブ
正直、キャッシュバック料金だけを見た場合、そこまで劇的な恩恵を受けられるサービスではないのですが、現金としてそのまま引き落し額が減額されるのは、貴重なサービス。上限額15,000円の利用分に掛かるので、ここをもう少し拡大して欲しいというのが正直なところ。

しかしJCBドライバーズカードとは異なり、NTTグループカードには出光サービスステーションの利用に限り、リッター最大40円引きのサービスを受ける事も可能になっています。キャッシュバックとリッター割引サービスが合体しているために、キャッシュバック上限額が低めに設定されている、という認識で捉えてみると、総じてかなりお得なサービスと言えます。

さらにポイントにも特化しており、1,000円利用で10ポイントを付与。獲得したポイントをドコモプレミアム、ANAマイレージ、ちょコム、QUOカードに変換できるのもNTTグループならではのサービスと言えるでしょう。

ETCカードに関しては、NTTグループカードを申し込んだ際、または既に所有している場合は別途申し込みで、追加発行してもらう事ができます。同じ一枚のカードに機能を集約するのではなく、別にETCカードが発行されるのがNTTグループカードの一つの特徴です。

NTTグループカード公式へ

今、選ばれているのは?

楽天カード

年会費 無料
ETCカード 525円(※楽天利用で無料に)

・ポイント還元率が常に1%以上
・カード年会費無料
・楽天のプラチナ会員以上になればETC年会費も無料。

※楽天プラチナ会員は過去6ヶ月で2,000ポイント以上、かつ15回以上ポイントを獲得という条件。クレジットカードのポイント獲得や利用も回数分カウントされるので無理せず達成可能です。

楽天カード公式へ